●女子同窓生の活動紹介


舞台女優・神田さち子さんのひとり舞台『帰ってきたおばあさん』200回記念 
2021年3月30日、ラスト公演!

残留婦人の一生を演じ続けて25周年。「200回まで頑張りたい」とおっしゃっていた神田さん。ついに200回めのラスト公演を迎えます。

●日時:2021年3月30日(火)14時開演

●場所:銀座博品館劇場

●チケット代:前売4,000円 
当日券4,500円
【お問い合わせ】

TEL&FAX 090-2766-5475 神田
skanda846@gmail.com



西南学院大学OGの前田恵理さんが男女共同参画に関する表彰<女性のチャレンジ賞 特別部門賞>受賞

SEINAN Woman of the Year2017(西南ウーマン2017)に輝いた(一社)日本車いすテニス協会会長の前田恵理さん(77期・商経)さんが令和2年度内閣府男女共同参画に関する表彰<女性のチャレンジ賞 特別部門賞>を受賞されました!おめでとうございます。

功績概要は下記Webサイトよりご覧ください。

→福岡県ホームページ内

→内閣府男女共同参画局ホームページ内


●西南学院大学OG(西南ゆりの会会員)が執筆されたオススメ書籍

みんなの日本書紀ドリル はじめの一歩の巻

『現場』記者たちの九州戦後秘史
(西日本新聞社)

西日本新聞社の記者(OB/OG/現役)52名が駆け綴った激動の時代の舞台裏。西南ゆりの会の前会長で、元西日本新聞社記者である藤井千佐子さん(73期・外仏)が「日本初のセクハラ訴訟」の章を執筆されました。


みんなの日本書紀ドリル はじめの一歩の巻

中国産の現場を訪ねて
(日本僑報社)

神田さち子さん(66期文英、西南ウーマン2018)が「中国産の現場を訪ねて」(第3回「忘れられない中国滞在エピソード」受賞作品集)に寄稿し、第3位を受賞されました。


みんなの日本書紀ドリル はじめの一歩の巻
(福井県神社庁)

西南ウーマン2019に輝いた児童文学作家・平泉和美さん(83期・外仏)執筆による『みんなの日本書紀ドリル はじめの一歩の巻』(福井県神社庁 80円+送料実費)。この冊子は今年編纂1300年を迎えた『日本書紀』をドリル形式で学べ、娘さんの手による可愛い絵が理解を深める内容となっています。

 


ハートのレオナ(主婦と生活社)

歌手のMISIAさん作の絵本。おでこにハートの模様があるライオンの女の子レオナが、仲良しのペリカンのムワリと広大なアフリカ大陸を旅するストーリー。

※この絵本の売り上げの一部は「mudef」を通して、アフリカと日本の子どもへの支援に充てられます。