SEINAN Woman of the Year 2017に前田恵理さん

 

20171028日(土)記念式典・祝賀会」

 

西南学院大学女子同窓会(西南ゆりの会)は、発足31年目の今年、新事業のひとつとして「SEINAN Woman of the Year」を始めました。

初回のSEINAN of the Year 2017に輝いたのは、一般社団法人日本車いすテニス協会会長 前田恵理さん(77期・商経)。1028日の記念式典・祝賀会には約170人が集い、お祝いと交流のひとときを過ごしました。

記念式典は、藤井千佐子女子同窓会長の挨拶に始まり、K.J.シャフナー学長のご祝辞の後、前田恵理さんに表彰の楯と副賞が贈られました。続いて前田さんの「可能性を信じて~諦めない心」と題した講演や、このために制作した前田さんの紹介ビデオの鑑賞がありました。

祝賀会は、西南ゆりの会と長年にわたって交流を続けている九州大学女子卒業生の会「松の実会」の海老井悦子会長と、福岡大学同窓会有信会レディースの内田祐子副会長お二人の乾杯のご発声で始まり、和やかな歓談の後、民謡・三味線デュオの馬場姉妹による祝演、最後は讃美歌「いつくしみ深き」で幕を閉じました。

出席者からは、「前田さんの活躍に勇気づけられた」「パラリンピックで車いすテニスを見るのが楽しみ」「馬場姉妹の三味線に心弾みました」などの声が上がっていました。

 

“東京オリンピック・パラリンピックまであと1,000日”のカウントダウンが始まった良き一日に、多くの皆様と喜びを分かち合うことができました。ありがとうございました。

SEINAN Woman of the Year 2017                     記念式典・祝賀会を10月28日に開催します

2017.09.06

多くの皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

ダウンロード
チラシ.pdf
PDFファイル 756.2 KB

SEINAN Woman of theYear2017に前田恵理氏

2017.07.27

西南学院大学女子同窓会(西南ゆりの会)主催の「SEINAN Woman of theYear2017」に一般社団法人日本車いすテニス協会会長の前田恵理氏(77期・商経)が決定しました。

「SEINAN Woman of the Year」は、さまざまな分野で著しい活躍をした女子同窓生を顕彰する目的で今年初めて実施するものです。福岡県飯塚市在住の前田氏は、(株)ニッツー代表取締役として会社経営の傍ら、世界のトップ選手が集う「飯塚国際車いすテニス大会」の会長として長年、大会を支えてきました。延べ2000人の市民ボランティアによる大会運営は「イイヅカ方式」と呼ばれ、世界的にも高い評価を得ています。2017年6月には日本車いすテニス協会会長に就任し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、さらなる活躍が期待されています。

10月28日(土)正午から西南学院百年館(松緑館)で、前田氏の「SEINAN Woman of the Year2017」をお祝いする会を開催予定です。 詳細が決まり次第、当ホームページでお知らせいたします。

西南ゆりの会の役員数名で復旧作業のお手伝い

 7月初めの福岡・大分を襲った豪雨で朝倉市在住の西南ゆりの会役員の一人の自宅も被害を受けました。15日(土)西南ゆりの会の役員数名で復旧作業のお手伝いに行ってきました。

 

被害の大きな爪痕が見られた河川

キャリア形成支援プログラム

5月29日(月)、西南学院百年館にて、西南学院大学女子同窓会(西南ゆりの会)とキャリアセンター就職課の共催で、キャリア形成支援プログラム「なりたい女性、やりたい仕事」が開かれ、約80人の学生が参加しました。

 

 第一部では、パネリストとして、RKK熊本放送 報道制作局 ラジオ制作部ディレクターの岡村久美さん(01期・文学部外国語学科フランス語専攻卒)、西日本鉄道(株)都市開発事業本部 SC事業部 営業企画担当係長の杉町由起子さん(08期・人間科学部社会福祉学科卒)、カルビー(株)中日本事業本部中部支店営業1課の古賀沙織さん(13期・人間科学部児童教育学科卒)の3人が登壇しました。本学院からは塚田恵美子総合企画部企画課主幹(90期・国際文化学部国際文化学科卒)をコーディネーターに、働く先輩として仕事のやりがいや面白さについてエピソードを交えたお話、また家事や子育てとの両立に関する体験談などが紹介されました。さらに、学生時代にやってよかったこと、やっておけばよかったこと、社会人になる前に身に付けておいてほしいことについても貴重なアドバイスがありました。

 第二部では、パネリストと参加した学生がグループに分かれて座談会を行いました。和やかな雰囲気の中、学生たちは社会で活躍している先輩の生の声を聞きながら、質問を投げかけていました。
 終了後、参加者からは、「企業説明会などでは聞けないような働く女性の生の声を聞くことができて、就職活動の参考になりました(文学部4年・女性)」「今日のお話を聞いて、勉強のやる気が出ました(人間科学部3年・女性)」「仕事と家庭の両立の話を聞いて、将来、もし妻ができたらサポートを頑張ろうと思いました(商学部2年・男性)」などの感想が寄せられました。