●西南ウーマン2021 晴野まゆみさん

出版社に勤務していた晴野まゆみさんは1989年、日本初のセクシュアルハラスメントの違法性を訴えた「福岡セクハラ訴訟」の原告として、元上司と会社を相手取った裁判を闘い、1992年に勝訴しました。

 最新のジェンダーギャップ指数が世界156カ国中、120位と性差別の解消が遅々として進まない日本の現状を見た時、30年以上前に福岡の地から「セクハラ ノー」の声を上げた晴野さんの勇気と功績を、西南学院大学女子同窓会(西南ゆりの会)が主催する「SEINAN Woman of theYear」(西南ウーマン)2021として顕彰することの意義は大きいと評価されました。

晴野まゆみ氏(80期・外英)

プロフィール:フリーライター。主に情報誌、企業広報誌、雑誌などに執筆。