西南OGの波多江愛子さんが本を出版、記念祝賀会に参加

弁護士・波多江愛子さん(93法法)が『それどげんなると?法律知識で読み解く福岡・博多』(梓書院、1620円税込)を出版され、5月25日(土)13時~ANAクラウンプラザホテル福岡において出版記念祝賀会が開催され、約180名の方がお祝いに駆け付けました。著者の波多江愛子さん(93法法)は西南学院大学から女性で初めて司法試験に合格した弁護士です。身近な福岡・博多の歴史や「あるある」を、法律でやさしく楽しく解説したこの一冊。日常にある法律問題を知ることが、思わぬトラブルを避けることにつながると出版への思いを語られました。