Pick up!【10/28】久留米支部総会

【2016.10.28(土) 久留米シティプラザにて】

佐藤支部長(久留米支部)、岩﨑会長(大学同窓会)、三舛専務理事(大学同窓会)、

野中理事(西南ゆりの会)鈴木理事(西南ゆりの会)、参加者の女性らと。

 

2016年10月28日(金)、久留米シティプラザに久留米地区の同窓生が約70名集いました。

現久留米市長は、西南大OBである楢原利則さん。この日もご公務の合間を縫って駆けつけてくださいました。

 

学院からは、G.W.バークレー院長もお見えになり、院長就任時にまつわるお話や久留米ならではのエピソードも披露いただけました。また、大学同窓会からは岩﨑文正会長、三舛善彦専務理事、福岡大学同窓会の有信会からは支部長の近藤英紀さん(久留米支部)も列席されており、支部単位でも他大学同窓会との交流を伺い知ることができました。

 

総会は、久留米市役所西南会の長尾考彦さん(前会長)の開会の辞に始まり、支部長 佐藤晶二さん(久留米市議)の挨拶、会計・監査報告に続き、バークレー院長より「西南学院の100年」と題し講演もありました。こちらでは、西南の創設時代から現在に至るまで歴史をお話いただき、大変ありがたい講話のひとときとなりました。

 

また、懇親会では支部長である佐藤さん自ら、関係者の方々や参加されている同窓生を多数ご紹介くださり、その温かいお心遣いに感謝するばかりでした。

調度この日は、大学女子同窓会の「発足30周年記念式典・祝賀会」の前日ということもあり、記念品のクリアファイルなども司会の藤原剛さん(02期・国際卒/久留米市役所)のタイムリーなご紹介に併せ、会場内の女子同窓生へも贈呈させていただきました。

 

今回、お話させていただいた女性は、川口とみさん(89期・国際卒/久留米市監査委員事務局)

川口さんからは、現在市役所には約150名の西南同窓生が在籍し、近年も半数は女性が採用されていることなど現状について詳しくお話を伺うことができました。

そして、まだ卒業して間もなくフレッシュさに溢れる井上沙姫さん(13期・大栄電通㈱)も参加され、会に華やぎを添えていらっしゃいました。

 

西南ゆりの会からは、野中美保子理事(柳川・大川・みやま支部在籍)鈴木牧子理事(聖マリア病院勤務・久留米市津福本町)が出席し、近隣支部同士での連携強化についてお話が進んだり、地元企業での勤務から既知や共通する関係者とのご縁もあり、地元にいらっしゃる皆さまとより一層親睦を深めることができたように感じました。

 

久留米支部総会に参加した感想として、「地域一丸となって活性化を図り、良くしていきたい!」という思いが非常に伝わってくる会でした。    

 

《理事 野中美保子(79期・法法)/鈴木牧子(92期・文英)/唐原久美子(07期・国際)が参加》