西南学院大学女子同窓会の「ゆり花壇物語」「ゆり満開プロジェクト」成功の陰に多くの支援

西南学院が創立100周年を迎えた2016年5月。大学博物館前(大学東キャンパス)にある西南学院大学女子同窓会(西南ゆりの会)の「ゆり花壇」に、真っ白いユリの花が咲き誇りました。ユリの花は通常7月から8月にかけて咲きます。創立100周年を真っ白なユリの花でお祝いするため2カ月早く花を咲かせるという、女子同窓会の「ゆり満開プロジェクト」は多くの方々の支援があって実現したのです。


ゆり花壇は2005年、西南ゆりの会の発足20周年を記念して整備を始めたもので、毎夏、真っ白な花で地域の方々も含め私たちを楽しませてくれています。しかし、2カ月も早く咲かせることは素人の私たちでは困難です。
そこで専門家の話を聞こうと福岡市植物園「緑の相談所」を訪ねたのは2014年夏でした。緑の相談員の小代文明さんは「100周年ですか、それはぜひ満開でお祝いしたいですね」と支援を快諾してくださいました。
とは言っても、気象が大きく影響するため本番1年前の2015年5月は満開の時期が少しずれ込みました。いよいよ、失敗が許されない2016年。小代さん と緑の相談所・ゆりアドバイザーの高杢義邦さん、実際にユリを球根から育てた福岡市西区北崎の㈲波正の波左間正幸さんという強力なスクラムで、100周年を満開の 真っ白なユリの花でお祝いすることができました。

専門家とはいえ3人にとって一番のご苦労は、花を咲かせる日が決められていることだったそうです。球根を冷蔵庫で冷温貯蔵したり、気温に応じてハウスに出し入れしたり、また前年の経験をもとに土を変えたりなどと、試行錯誤の連続だったそうです。

小代さん、高杢さん、波左間さん、本当にありがとうございました。そして花壇の整備や草取りを手伝ってくださった多くの方々、皆さんの思いが結集した「ゆり満開プロジェクト」でした。感謝申し上げます。


(西南学院大学女子同窓会副会長 日高恵美子)