サラマッポ会支援報告

西南ゆりの会では1993年から継続的に、フィリピンの女子大学生の里親となり、入学から卒業までの学資を支援してきました。

サラマッポ会より報告書をいただきましたのでこちらに掲載しています。

※サラマッポ会とは

経済的理由で学校に行けないフィリピンの青少年に学費を送り、文通を通じて心豊かな交流を目指す国際教育里親の会です。「サラマッポ」はフィリピン語で「ありがとう」。交流を通じて学生たちから受ける心の豊かさに、かえって「ありがとう」と感謝を表すために名付けられました。西南ゆりの会では1993年から継続的に、女子大学生の里親となり、入学から卒業までの学資を支援してきました。

2015年1月発行された「会報61(最終号)」には、西南ゆりの会の藤井会長のメッセージが掲載されています。

ダウンロード
サラマッポ会報No61.pdf
PDFファイル 8.6 MB