SEINAN Woman of the Year

西南学院大学女子同窓生の社会における活動を支援するとともに、女子同窓会の活動を広く知っていただくため、顕著な業績を上げた人物を毎年選出し、顕彰します。 

【名称】

「SEINAN Woman of the Year」(西南ウーマン)

主催/西南学院大学女子同窓会(西南ゆりの会)

後援/西南学院大学・西南学院大学同窓会

 

【趣旨】

西南学院大学女子同窓生の社会における活動を支援するとともに、女子同窓会の活動を広く知っていただくため、顕著な業績を上げた人物を毎年選出し、顕彰します。 

 

【事業の概要】

春~夏にかけて選考を進め7月に受賞者を決定します。ホームページや会報で受賞者の活動を紹介するとともに、10月~11月上旬に西南ゆりの会の交流を兼ねた表を行彰式います。今後の活躍を奨励するために、副賞を添えて業績を称えます。

 

●対象(被推薦者)/西南学院大学女子同窓生 

●推薦者/どなたでも可 

●推薦受付期間/毎年4月~6月頃

●SEINAN Woman of the Year 2021

晴野まゆみさん(80期・外英)

出版社に勤務していた晴野まゆみさんは1989年、日本初のセクシュアルハラスメントの違法性を訴えた「福岡セクハラ訴訟」の原告として、元上司と会社を相手取った裁判を闘い、1992年に勝訴しました。

 最新のジェンダーギャップ指数が世界156カ国中、120位と性差別の解消が遅々として進まない日本の現状を見た時、30年以上前に福岡の地から「セクハラ ノー」の声を上げた晴野さんの勇気と功績を、西南学院大学女子同窓会(西南ゆりの会)が主催する「SEINAN Woman of theYear」(西南ウーマン)2021として顕彰することの意義は大きいと評価されました。

 

晴野まゆみ氏(80期・外英)

フリーライター。主に情報誌、企業広報誌、雑誌などに執筆。