第12回キャリア形成支援プログラム

5月28日(月)、西南学院百年館にて、西南学院大学女子同窓会(西南ゆりの会)とキャリアセンター就職課の共催で、キャリア形成支援プログラム「なりたい女性、やりたい仕事」が開かれ、約80人の学生が参加しました。

第1部
第1部
第2部
第2部

 

 今回(株)テクノプロ テクノプロ・R&D社採用部の馬場敬子さん(05期 英語専攻卒)、(株)資生堂 クリェイティブ本部の佐藤麻衣さん(08期 社会福祉学科卒)、(株)三菱USJ銀行 MUFG法人企画部の高橋友子さん(11期 商学科卒)の3人が登壇し、本学院からは博物館事務室主幹である塚田恵美子さん(90期 国際文化学科卒)がコーディネーターを務めました。

 

第一部では、パネリストの方々の就職活動でのエピソードや実際に働いて感じる仕事の厳しさややりがい、学生時代にやっておけばよかったことなどたくさんの貴重なアドバイスをいただきました。

 

第二部では、パネリストと参加した学生がグループに分かれて座談会を行いました。学生からは、就職に対する不安や女性ならではの働き方について多くの質問や相談があがり、非常に活気のある会となりました。

 

このキァリア形成支援プログラムに参加して印象的だったのは、パネリストの方々の働く姿勢です。就職することがゴールではなく、就職してから自分は何をしたいのか、将来どのような自分でいたいのかなど、それぞれ目標を持たれて働かれていました。私たちも今回先輩方のお話をお聞きして、就職に対する新たな考え方を学ぶことができました。これらを今後の学校生活や就職活動に生かしていきたいと思います。

 (佛田芙美子・商経3年、中島咲季・商商3年、大村祐美・商経3年、末金れな・商商3年)